結果を変えるために「捨てる決断」、できますか?

■執着がいかに恐ろしいか。

 

「これはこうやらなければダメなもの」

 

そんなマイルールや会社のルールってありませんか?

 

私はとにかく、マイルールに縛られる人間なので、

沢山あります(^^;)

 

仕事のやり方ひとつとっても、こうやるべきだ、

と細かくてどうでもいいルールを持っていました。

 

ですが、これはただの”執着”にすぎません。

 

ルールにこだわりすぎて、「目的を見失うこと」がよくあります。

 

  
例えば、会社内でもこんなことってありませんか?

 

この手続きが必要かどうかもよく分かっていないけれど、前任者から引き継いでずっとやってきたことだから…、
 
と『何のために』行っているか分からないままやり続けていることはないでしょうか
 
  
人は変化を極端に嫌います。
 
 
ですから、必要ないと分かっていながらも、
「今まで続けてきたことをやめる」ということは

とても勇気のいることなのです。
 
 
でも、今の結果を変えたいならば、

『捨てる決断』を迫られる時が必ずやって来ます。

 

 

劇的な変化を生み出す一つが『執着を捨てる』ということです。

 

 

今、目的を見失ったまま

なんとなくやり続けていることはありませんか?

 

この機会に振り返ってみてください。

振り返る際にお勧めなのが、『紙に書き出すこと』です。

 

考え方にも『断捨離』。

 

お勧めです(^^)

 

 

 

 

~人生はデザインするもの~

ライフデザインパートナーズ株式会社

社長秘書 伊藤彩

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です